Profile

所長 中村大輔(臨床心理士)

所属学会

  • 日本心理臨床学会
  • 日本森田療法学会
  • 日本認知療法学会
  • 日本描画テスト・描画療法学会
  • 日本音楽療法学会
  • 兵庫県臨床心理士会
  • 日本臨床心理士会
  • 日本芸術療法学会
  • 日本犯罪心理学会

専門領域


主要論文、学会発表
「孤独感が犯罪に及ぼす影響について」「芸術療法的アプローチと森田療法的アプローチ」「万引きの動機と意識」「詩歌を用いた森田療法的アプローチ」「家族の再生に向けた犯罪加害者の心理教育」「性犯罪再犯防止指導プログラムのソンディテストによる考察」「裁判における心理鑑定、心理相談の意義」「無差別事件の加害者の心理」

来歴
 
大学、大学院で臨床心理学(犯罪心理学)専攻、特別支援教育支援員、教育相談機関、医療機関、刑務所性犯罪再犯防止処遇カウンセラー、緊急派遣宮城県スクールカウンセラー、兵庫県スクールカウンセラー、兵庫県キャンパスカウンセラー、犯罪被害者支援、加害者家族支援、情状鑑定人、保護観察所スーパーバイザー、神戸高校特別非常勤講師


メッセージ
うつ、不安、引きこもり、人間関係での悩み、多様化した現代のこころの悩みは、それに至った背景を考えていも、なかなか一人では抜け出せないものです。誰に相談していいものかもわからず、孤独を抱えていることも少なくありません。症状を抑えても根本的な改善が出来ていないために、再発を繰り返すことも少なくありません。ほんのちょっとしたきっかけや勇気から、変化してくることもあります。駅から徒歩2分、気軽に通える街の相談室として、低料金設定にしています。これまで敷居の高いイメージを持ち、迷われていた方も是非ご相談ください。こころと向き合うパートナーとして、お手伝いいたします。